インタビュー

【学生のチャレンジ】

  • 鳥人間コンテスト
  • フォーミュラ
  • 棒杭市
  • プレゼン

2011年あき号(H23.10.7発行)

●山形大学人力飛行機研究会クラフトパルが鳥人間コンテストに出場

7月30日に滋賀県の琵琶湖で開催された「第34回鳥人間コンテスト選手権大会・人力プロペラ機ディスタンス部門」に、5年振りに出場した山形大学工学部の人力飛行機サークル・クラフトパルの大会の様子を紹介しています!

●山形大学工学部学生フォーミュラ部 第9回全日本学生フォーミュラ大会に参加

79月5~9月9に静岡県で開催された、「第9回全日本学生フォーミュラ大会」に山形大学工学部学生フォーミュラ部が参加しました。

7学生フォーミュラ大会は、学生が自ら構想・設計・製作した車両による競技会で今年で4回目の参加になります。大会までの取り組みや本番での様子を紹介しています。

77月30日に滋賀県の琵琶湖で開催された「第34回鳥人間コンテスト選手権大会・人力プロペラ機ディスタンス部門」に、5年振りに出場した山形大学工学部の人力飛行機サークル・クラフトパルの大会の様子を紹介しています!

●学生企画運営の棒杭市 大成功

9月24日に開催された、今年で5年目を迎える棒杭市(杭などに紐をつるし、無人販売を行うイベント)に今年は山大工学部、米沢女子短期大学の学生がプロジェクトチームを組んでイベントを運営しました。

当日の様子を写真とともに紹介しています。

7月30日に滋賀県の琵琶湖で開催された「第34回鳥人間コンテスト選手権大会・人力プロペラ機ディスタンス部門」に、5年振りに出場した山形大学工学部の人力飛行機サークル・クラフトパルの大会の様子を紹介しています!

●青少年夢と創造へのアイディアコンテストで「米沢発!食のAKB」がアイディア実行グループに選定

8月6日山形テルサで行われた「第9回青少年夢と創造へのアイディアコンテスト」公開プレゼンテーションで米短・米工専攻科チームの「米粉を使った新食品・米沢発食のAKB」がアイディアを実行する3グループのひとつに選定されました。

参加した学生のインタビューも交えて紹介しています。

※詳細は誌面(PDF)をご覧ください。

【災害ボランティアレポート】

私たちに出来ること

3月11日に発生した東日本大震災以来、学生も震災ボランティアに動いています。 被災地でのボランティア活動、サークルでの募金活動・・・。今回のザワワでは震災から4ヶ月が経ち、"自分たちには何ができるだろう"と考え活動をした学生の様子を一部ご紹介しています。

●山形大学工学部

山形大学工学部では「チーム米沢」として、参加を募り、毎週土曜日に被災地に向かい、泥かきや片付けなどのボランティア活動を行っています。ボランティアに参加した学生の話を紹介しています。

●米沢女子短期大学

ボランティアサークル・ホップステップでは、義援金集めのボランティア活動や現在も継続して行っているベルマークの収集活動などの話を紹介しています。

●三友堂病院看護専門学校

被災地に送る支援物資の仕分け作業のボランティアを行った学生の話を紹介しています。

※詳細は誌面(PDF)をご覧ください。