インタビュー

スポコレ!

山形のさまざまなスポーツシーンで活躍する方々に、学生がインタビューし、近況をレポートするコーナー。Webでは簡単なプロフィールと、メッセージをご紹介。

バックナンバー●2006年はる号(H18.4.5発行)

Vol.9 モンテディオ山形 新監督 樋口 靖洋氏

profile/1961年三重県生まれ。44歳。四日市中央工業高校から日産自動車サッカー部に在籍。1985年から日産サッカースクールコーチ、1993年横浜マリノスユースコーチ、1997年同監督就任。1999年横浜Fマリノスコーチ。2006年モンテディオ山形監督就任。

モンテディオの新監督、樋口靖洋さんに山形に来ての感想やサッカーに対する思いなどを伺いました。今年の目標は?という質問に対し「ベストを尽くしてプレーすることを、選手もぼくも大切にしていきたい。」と希望あふれる言葉をいただきました。

バックナンバー●2006年ふゆ号(H18.1.11発行)

Vol.8 株式会社ワイジーケイ イエローマジック事業部 特殊車両課マネージャー 立山 誠氏

profile/1956年宮崎県生まれ。74年、日産自動車中央研究所第一特殊車両課入社、81年、海外、国内レース、ラリー担当に。86年、ル・マン24時間耐久レースに初出場。15位 完走を果たす。90年、全日本プロトタイプカー選手権で日産R90CPにてシリーズチャンピオンを獲得。ル・マン24時間レースで日本車最高の総合5位 入賞。90年ベストメカニック賞受賞。92年、デイトナ24時間レースで日産R92CPにて、初出場ながら総合優勝を果 たす。その後は全日本GT選手権を中心にチーフエンジニア、マネージャーとして移籍。04年、東海大学と協同でYR20エンジン試作1ロット制作始動。05年、スタディカー(ジャガーXJR-15改)制作。菅生にてシェークダウン。11月、富士スピードウェイで時速311km/h達成。

山形で「ル・マン24時間耐久レース」用の車を開発中の(株)YGK立山誠氏に話をお聞きました。「1分の1のプラモデルだと思って作っているので、大変だけどけっこう楽しいですよ。」と楽しみながら仕事をされているようでした。2007年ル・マン参戦を目指して新たな車の開発もすすめているとのこと。今後に期待です。

バックナンバー●2005年あき号(H17.10.4発行)

Vol.7 冒険家 大場 満郎氏

profile/詳細は「2005年 ふゆ号」を見てね。 04年5月、地球縦回り1周の旅第一回「グリーンランド横断」に成功。05年2月第二回「カナダ北極圏の旅」はアクシデントが重なり途中で断念。来年には第三回を計画中。

北極点と南極点を結ぶ経度の線に沿って地球を一周する「地球縦周り1周の旅」に取り組まれている大場さんに、極地での生活や旅の様子をお聞かせ頂きました。 大場さんは旅を通して、「地球温暖化の現状と怖さを伝えていきたい」とのことです。