インタビュー

研究室紹介しまSHOW

大学生が普段、何をテーマにどんな事を学んでいるのか。学生が所属する研究室を紹介します。

バックナンバー●2010年なつ号(H22.7.6発行)

Vol.4 米沢女子短期大学 孫誌衒研究室

場所/A号館 4階

人数/5人(社会情報学科 2年生)

「図書館情報学」を専門に、図書館利用や施設・設備をメインに、学生が個々にテーマを設けて研究を行っています。 孫先生は、主に司書課程、司書教諭課程を担当されていらっしゃいますが、研究室では資格課目以外に図書館の利用の仕方や情報検索の仕方など誰にとっても必要な知識を身につけることができます。 誌面では研究内容のほかに、アットホームな研究室の雰囲気や孫先生の韓国の話など、学生がリポーターとなって紹介しています。

バックナンバー●2010年はる号(H22.4.9発行)

Vol.3 山形大学工学部 西岡昭博研究室

場所/6号館 6階617

人数/学部4人 修士4人 博士1人

「工学的観点から食を科学する」という理念で学生たちが日々研究を行っています。 常に新しいことに挑戦をしている西岡研究室ではプラスチックの発泡技術を応用した、米粉100%パンの開発をしています。 誌面では研究内容のほかに、研究室の雰囲気や西岡先生の人柄など、学生がリポーターとなって紹介しています。

バックナンバー●2010年ふゆ号(H22.1.12発行)

Vol.2 米沢女子短期大学 加藤守匡研究室

場所/A号館 4階

人数/6人(2年生)

「運動と健康」について「脳と体を結びつけた視点から」研究をしています。 誌面では加藤先生考案の健康体操「タンタンタッチ」や実際に地域に出て研究をしている様子など、学生がリポーターとなって紹介しています。

バックナンバー●2009年あき号(H21.10.6発行)

Vol.1 山形大学工学部 城戸淳二研究室

場所/山形大学工学部9号館1・2階

人数/学部11人 修士19人 博士6人

研究室HPhttp://ckido8.yz.yamagata-u.ac.jp

今、一番期待されている発光技術を研究している城戸研究室。有機ELの化学合成からデバイス作製・評価まで、一貫した研究を行っていて、実際に薄型テレビや照明の実用化に取り組んでいます。研究内容の紹介のほかに、城戸先生の人柄や行事など、学生がリポーターとなって紹介しています。