インタビュー

われらが先輩

各方面で活躍されている山形大学工学部、米沢女子短期大学の卒業生に交互にインタビューし、後輩である皆さんへのメッセージを伺うコーナー。Webでは先輩のプロフィールとメッセージを紹介。

最新号●2015年はる号(H27.4.10発行)

Vol.42 佐藤由美さん

一般社団法人 米沢観光物産協会で観光案内を主に担当し、米沢全体に関するお客様の質問にお答えしたり、売り場での接客レジ対応等をしていらっしゃいます。「おもてなしの心」を持って、いらっしゃるお客様が何を望んでいるのかを察知して、笑顔で帰っていただき、「また米沢に来たい」と思ってもらえるように心掛けてらっしゃるそうです。就職するにあたって学生のうちに社会に出て経験すること、国語力を鍛えることはしておいた方がいいと話してくださいました。

・・・メッセージは・・・

「色んな事を経験する事、好きなものをずっと続ける事、どちらも大切」

でした。

バックナンバー●2015年ふゆ号(H27.1.13発行)

Vol.41 西塚嵩宏さん

2012年度山形大学工学部物質化学工学科を卒業し、株式会社セゾンファクトリーにて製造部製造2課に所属し、従来のハンドメイドの工場では作れなかったものを作る新しい工場で、機械装置の設置や納入の段取り、商品の充填など、実際に工場を動かしての試運転などを担当されていらっしゃいます。就職するなら自分の好きな事に就く事を一番に考え、「食べること」が好きな西塚さんが選んだのが食品関係の仕事でした。商品をまずは自分がおいしいと思い、更にはお客様におおいしいと言ってもらい、お客様と「おいしい」を共有出来た時にやりがいを感じていらっしゃるそうです。学生時代に、いろんな事をたくさん経験することで、思い出や知識に変えていってほしいとアドバイスを頂きました。

・・・メッセージは・・・

「やりたいことに向かって精一杯取り組んでほしい」

でした。

バックナンバー●2014年あき号(H26.10.10発行)

Vol.40 二瓶綾さん

2008年度米沢女子短期大学国語国文学科卒業し、飯豊町教育委員会教育文化課まちづくり室に所属されています。飯豊町が『音楽からまちづくり』という事を掲げており、二瓶さんはさまざまな音楽団体とのイベントの企画や運営に携わっていらっしゃいます。学生時代は、やりたいことがはっきりと決まっていなかったそうですが、実際に働いて、たくさんの町民の方と接するうちに、やりがいを感じできたそうです。「時間のたくさんある学生時代に、興味のあることなら何でも経験してほしい」とアドバイスを頂きました。

・・・メッセージは・・・

「自分のやりたいことに積極的に挑戦を!」

でした。

バックナンバー●2014年なつ号(H26.7.11発行)

Vol.39 鈴木渉さん

2010年度山形大学工学部情報科学科を卒業し、株式会社データシステム米沢にて、自治体関係の固定資産税や住民税などの納入を自治体で管理する際のシステムの開発や導入などの業務に携わっていらっしゃいます。就職活動の際には、エントリーシートや履歴書の自己アピール部分に力を入れ、自分がどんな人間かという自己診断はしっかり考えたそうです。「自分の考えがしっかりと言える人は評価が高いのではないかなと感じます。周りにあわせて答えるのではなく、自分の意見としてしっかり言えるといいのではないでしょうか。」とアドバイスを頂きました。

・・・メッセージは・・・

「自分の目標に向かって学生生活を過ごしてください」

でした。