インタビュー

われらが先輩

各方面で活躍されている山形大学工学部、米沢女子短期大学の卒業生に交互にインタビューし、後輩である皆さんへのメッセージを伺うコーナー。Webでは先輩のプロフィールとメッセージを紹介。

バックナンバー●2004年 なつ号(H16.7.5発行)

Vol4. 山水 きぬさん

昭和30年米沢女子短期大学家政学科卒
卒業後、服飾界の第一人者で著名な原のぶ子東京青山アトリエに一年間入所する。同所を終了後、母校に戻り、助手を経て、米沢女子短期大学教授を務められました。現在は下駄 の研究家としてご活躍中です。

・・・メッセージは・・・

「知的好奇心を燃やし、いろいろなものに挑戦してほしい。」

でした。

バックナンバー●2004年 はる号(H16.4.12発行)

Vol3.小山 清人氏

昭和47年山形大学工学部繊維工学科卒
和歌山県出身。工学部助手、助教授を経て平成4年教授に就任。以後、附属図書館工学部分館長、評議員などを歴任し、現在は、山形大学工学部学部長として活躍されています。

・・・メッセージは・・・

「能力を充分発揮するためにも、『自分に自信を持つこと』、『楽しむこと』が大切。」

でした。

バックナンバー●2004年 ふゆ号(H16.1.10発行)

Vol2.伊藤 優子さん

昭和60年米沢女子短期大学英語英文科卒
米沢市出身。 卒業後、金融機関勤務、英語教室の講師等を経て、(株)ニューメディア入社。現在は、(株)ニューメディア放送部長としてご活躍中です。

・・・メッセージは・・・

「あきらめず、チャンスをつかんで好きな仕事に就くこと。」

でした。

バックナンバー●2003年 あき号<創刊号>(H15.10.1発行)

Vol1.佐藤 教郎氏

昭和41年山形大学工学部機械工学科卒
長井市出身。昭和41年 日立電線(株)入社。主力工場である茨城日高工場に34年勤務の後、平成12年 日立電線パワーシステムズ(株)(現、(株)パワーアンドコムテック)取締役社長就任。平成14年日立電線(株)常務取締役就任。取締役社長を経て、現在は代表執行役社長としてご活躍中です。

・・・メッセージは・・・

「これからの社会を生き抜くためには、若いうちからグローバルな視点を持つことが大切。そのためにも、よく遊び、よく学べ。」

でした。